SANYO leatheR

Vegetable Tanned Original Natural Leather With oil Finished !!

座面の革は100余年の歴史を誇る姫路の老舗タンナー・山陽さんに依頼しました。

ミモザのベジタブルタンニン鞣しによる約3.5mm厚のステアのヌメ革をオイル加工にて仕上げました。

革の製造期間は2ヶ月を要します。20程の加工工程を経て皮から革になります。

ヌメ革とは原皮をベジタブルタンニンを使って鞣し、型押しなどの表面加工をほとんど施さずに仕上げた

最も革らしい雰囲気を持つため  "革の中の革”  と呼ばれています。オイル加工フィニッシュにより使い込むほどに

色、ツヤが深くなりヌメ革ならではの独特な風合いをお楽しみ頂けます。

この山陽さんのヌメ革に惚れ込みました。オリジナル色はキャメルとブラウンの2色です。


2017年 山陽さんの姫路 本社・鞣し工場 訪問時の写真とヌメ革の仕上がりの様子をご紹介

画像をクリックすると拡大写真がご覧頂けます。

ヌメ革 山陽レザー 工場内
姫路・山陽さんの工場内の巨大なタイコ
ヌメ革 ベジタブルタンニン後の乾燥
ヌメ革の乾燥
ヌメ革の下地の出来上がりです
ヌメ革の下地の出来上がりです
ヌメ革 ベジタブルタンニン鞣し
キャメル・仕上がりをチェック中
ヌメ革 ベジタブルタンニン鞣し
ブラウン・仕上がりをチェック中

"本ヌメ革のしおり" 下札表

ヌメ革 ベジタブルタンニン 10
山陽レザー工場内
工場内・作り手の技術の必要な作業
ヌメ革 ベジタブルタンニン後の乾燥
ヌメ革の乾燥
ヌメ革 皮の移動は馬と呼ばれる台車にて
工場内での皮の移動は、馬と呼ばれる台車にて 行われます
ヌメ革 ベジタブルタンニン鞣し
牛1頭で2枚出来上がります
ヌメ革 ベジタブルタンニン鞣し
色、厚み、質感共に素晴らしい仕上がり!

"本ヌメ革のしおり" 下札裏

ヌメ革 ベジタブルタンニン 11
ヌメ革 ミモザのベジタブルタンニンのピット
ミモザ・ベジタブルタンニンのピット
ヌメ革 乾燥後に革の端をカットして整えます
乾燥後に革の端をカットして整えます
馬に乗せられたヌメ革
馬に乗せられたヌメ革
ヌメ革の大きさの単位はデシ
革の大きさの単位デシ・1枚 約220デシ
山陽レザー 安定したサイズ上がりです
比較的に安定したサイズ上がりです

2019 New "本ヌメ革のしおり" 下札 

山陽の本ヌメのタグは品質の証です!

ヌメ革 山陽レザー 7


ヌメ革についての注意事項

*ヌメ革は、表面加工をほとんど施さずにベジタブルタンニンで鞣したナチュラルな革です。

牛本来が持つ傷、シワ、血筋(血管の跡)、トラ(脂肪の跡)等が有ります。天然素材の味でも有ります。ご理解の上でご購入をお願い

致します。型くずれが少なく使い込むほどに色、ツヤが変化し、ヌメ革ならではの独特な風合いをお楽しみ頂けます。水に濡れると

色落ち、水ぶくれの原因になりますのでご注意ください。ヌメ革の取り扱いは付属の下札 "本ヌメ革のしおり" をお読み下さい。